こんにちは♪イルチブレインヨガ札幌スタジオです♪

週末は暖かく過ごしやすかったですが、今日からまた寒くなりそうですね。

寒くなり、代謝が落ちると疲れも溜りやすくなります。

皆さんは、1日の疲れをその日のうちに癒やせていますか?

疲れをそのまま放置していては、心身のコンディションは悪くなる一方です。疲れは体が弱ってきたことを脳に知らせる黄色信号。

そのメッセージに耳を傾け、対処してあげたいですね。
疲れを癒やすために大事なのは、自分自身の体をいたわる優しい気持ち。心を開いて内面の声を聞いてあげると、それだけでも体のこわばりがとれ、心がラクになることもあります。
そしてもう一つ、大切にしたいのが深い呼吸。ゆったりと呼吸を繰り返しながら、ネガティブなほうに傾いてしまった感覚をリセットしましょう。

深い呼吸で心が休まれば、自然と体への感謝の気持ちも深まります。自分に心から感謝できると、体にどんどんパワーがみなぎり、もうひと頑張りするための元気がわいてきます。呼吸と瞑想は、自分に心を開き、活力を取り戻すためのもっとも簡単な方法の一つなのです。

イルチブレインヨガの呼吸法(ヘンゴン)は、一定のポーズをとりながら行う簡単な呼吸法です。エネルギーを動かす深い呼吸によって、全身に血液を行き渡らせます。

呼吸を通じて、体の中心であるへその下の「丹田」(たんでん)にエネルギーを集めるていきます。丹田にエネルギーが集まると、下半身に力がみなぎり、上半身の緊張がほぐれます。その結果、血液やエネルギーが全身をスムーズにめぐるようになります。
また、丹田がエネルギーで満たされると、心理的にも精神的にも、安らぎと充実感が得られます。特に、吐き出す呼吸に集中すると、たまっていたストレスや老廃物も一緒に吐き出され、リラックス効果がより高くなります。

トレーニング期間やそれぞれの健康状態に合わせて取り組むので、体に無理な負荷をかけることなく呼吸法をマスターすることができます。

深い呼吸、深いリラックスで、脳がヒーリングされ、丹田にエネルギーが充電されると活力が出てきます☆

ぜひ体験してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう