こんにちは♪
イルチブレインヨガ札幌スタジオです♪

今年の夏は暑かったですが、秋の風を感じるようになりましたね。
夏の疲れを引きずっていませんか?

■夏バテを引きずると…
秋に自律神経が乱れる人は、夏の間にたまった疲れやストレスが影響していると考えられます。エアコンのきいた室内と屋外の気温の差によって、自律神経のバランスが崩れやすくなる夏。
さらに、秋になって一気に気温が低下すると、体温調整の機能がうまく働かず、寒さに対応できなくなります。また、夏の間感じていた汗や湿度といった不快感も、ストレスとして体に残りがちです。
ストレスを抱えると、交感神経が活発になり、興奮状態が続きます。心拍数が増加し、不眠や疲労などさまざまな弊害が生まれます。

■呼吸をうまく使おう
自律神経は、自分の意志に関係なく働くため、自らコントロールすることができません。しかし、自律神経の機能のうち、呼吸だけは、自らの思い通りに調整することができます。
人間の呼吸は、吸うときには交感神経が働き、吐くときは副交感神経が働くため、ストレスで交感神経が過剰に働いている人は、呼吸をゆっくり吐くことで、健康的な自律神経のバランスを取り戻すことができるのです。

■ヨガ体操で健康回復!
イルチブレインヨガは、深い呼吸によって、交感神経と副交感神経のリズムを整えるリラクゼーション・エクササイズです。現代脳科学をもとに考案されたイルチブレインヨガ独自の呼吸法「ヘンゴン」を実践することで、副交感神経の働きを高め、体の緊張をほぐすことができます。さらに、ストレッチや軽い運動によって血流を改善すれば、人間本来の自然治癒力が回復し、冷え性や肩こりなどの改善へとつながります。また、腸をへこませたり、膨らませたりする「腸運動」は、ダイエット効果も期待できます。

イルチブレインヨガで秋対策♪ お気軽に体験してみてくださいね♪

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう