こんにちは♪
イルチブレインヨガ札幌スタジオです。

毎日忙しく働いている方の中には「休んでも疲れが取れない」という人が少なくないようです。

今日は、心身の健康を維持していくために必要な、脳の疲労解消のポイントをお伝えします♪

まず、脳がリラックスしている状態とは、副交感神経が優位に働いている状態。
逆に、交感神経が優位の状態では、脳も活発に働いている状態。
上手に切り替えられるようになれば、心身をしっかりと休められるようになっていきます。

脳をリラックスさせない状態が続くと、精神の安定を促す神経伝達物質であるセロトニンが減少し、
「うつ」症状に陥りやすくなってしまう。さらに、血圧の上昇などの身体症状が出ることもあり、
重大な病気の引き金になってしまう可能性もあるんです!

「いつも代わり映えしない、“変化のないライフスタイル”を送っている人は、脳がリラックスしづらくなっているので要注意!

脳をリラックスモードへと切り替えるためには、「緊張」と「緩和」のメリハリが大切で、
日々の暮らしの中に意図的に「変化」を仕掛けていくことが、そのメリハリづくりに繋がっていきます。

「私たちの脳は、常に『変化』による刺激を求めています。「緊張」から解放されるとき、
脳は深くリラックスするものです。

「疲れているから」という理由で休日はいつも家でゴロゴロしているという人も多いかもしれないが、
実はその行動が逆に、脳のリラックスを阻んでしまっています

日頃の生活の中に『変化』を散りばめて、自分で緊張するシーンを作り出してみることで、
心身をしっかり休められるようになっていきます♪